鉄板で強いマック。ES合格の基礎。学チカ別自己分析・自己PR:マクドナルドバイト編

鉄板で強いマック。ES合格の基礎。学チカ別自己分析・自己PR:マクドナルドバイト編

これは大学3、4年生、自分に自信がイマイチ持てない人のための記事です。
自己分析や自己PRにはある程度「型」があります。
ここではその型をお伝えしつつ、自己PRしたいものをどのように伝えるかの事例をお伝えします。

では行きましょう。

自己分析・自己PRで最も大切な2つのこと

「自己分析・自己PR」をどう選ぶか、は『◎本気度』『×成果の出たこと』

自己分析や自己PRを選ぶときに大切なのは、「自分が最も本気になれたこと」からメッセージを抽出することです。

学生さんからすると「誇れるもの=結果を出せたこと」が話しやすいのですが、まぁ社会人からすれば20歳そこそこの若者の成果なんてものはそんなに大したものではありませんw

むしろ、これからの長い社会人人生の中でどのように活躍をしていくのか、という未来を知りたいので、未来を見せるには過去の「結果」でなく、「頑張れる人間」ということを知ってもらわないといけません。

だからこそ「仕事に本気で取り組むこと」「本気を出すとどこまでできるか」を面接官に伝える必要があるので、結果が出た、でない、でなく、本気になった時にどれくらい頑張れる人間なのか、を話せるようにしましょう。

ガクチカ=本気を出したこと、と覚えておきましょう

「自己分析・自己PR」を語る際は『ストーリー性』が大切

自分を知ってもらう時に重要なのは、「わかりやすさ」です。人を理解することって、すごい難しいですよね。是非皆さんも自分で面接官をやってみてください。難しさが分かるはずです。

自分をわかりやすく伝えるために最も有効なのは、「ストーリー性」が見えることです。

一つ一つの行動に「なるほど、だからあなたはこのようなことをやってきたんですね」と納得感があることであり、これが上手に話をできると、志望動機なんかいらないわけです。

「あなたが歩んできた道の上にうちの会社がある」と面接官が勝手に理解してくれるからです。ここまでいけると理想です。

ただ、「そんなに一つ一つに意味のある選択なんてしてない」「なんとなく生きてきただけ」という人もたくさんいらっしゃると思います。でも実は、ほとんどの場合は自分の隠れた意識に気がついていないだけで、何かしらか自分の価値観で選択をしているんですよね。それを見つけるのが自己分析です。

是非、自分の判断基準を見つけましょう。そしてストーリーにして話ができるようになりましょう。

「本気だからこそ感じる苦悩」と「苦悩とどう向き合ったか」が大切

マクドナルドのバイトを最も頑張った人をたくさん面接しました。その中でしっくり来やすいストーリーは以下のとおりです。ガクチカ「マクドナルド(マック、マクド)のバイト」という方は参考にしてみてください

1 なぜマクドナルドのバイトに本気になれたのか
本気でバイトに取り組めたのは人の環境に恵まれたからです。主婦層や高校生、外国人留学生など、本当に幅広い人が働いている職場でした。特に主婦の方と外国人などはなかなかコミュニケーションが取りづらい状況でしたが、僕が間に入ることで仲良くなり、外国のお客様が来た時などは外国の留学生が優先的に対応するなど、柔軟な店舗運営ができました。自分が誰かの役に立っていること、自分がいることで組織が活性化すること、私が最もやりがいを感じ、本気になれたのはこのような環境を作り出すことが好きだからです。
2 本気だからこその苦労や難しいこと
高校までもムードメーカー的な存在だったのですが、やはりマクドナルドのバイトで職場の空気を作るのは本当に難しかったです。今までは同じような年齢、思春期を過ごす仲間の中で雰囲気を作っていたのですが、今度は全く異なる文化の人たちの心を一つにしなければなりません。私も英語が得意なわけではないので、外国からの留学生と会話することは最初はとても苦労しました。稼いだバイト代を使ってオンライン英語を受講し、少しずつコミュニケーションが取れるようになりました。日本に来た理由、ここでバイトする理由、国の家族、将来の夢など、普通の若者らしい話を重ねることは、国境は関係なく関係作りに重要です。また、主婦の方々と話をすると留学生とのコミュニケーションを本当は取りたいけど言葉がわからない、ということがわかりました。そこで、自分たちにしか通用しない「造語」をたくさん作ることで、会話を円滑にすることと、仲間意識を作ることにしました。狙いはあたり、主婦の方も外国からの留学生も、その造語を使って笑いあい、下手な言葉でも話しかけるのが苦にならなくなりました。
3 本気で取り組めたことで何が変わったのか
私は高校まで本当に人に恵まれた環境で過ごしてきました。だからこそ、自分が所属する組織を最高の組織にしたい、と思います。親が共働きで、子供の時は寂しく過ごしていました。だからこそ、自分の居場所があることの大切さを感じ、他の人にも居場所となれるような場所を作る。それがどのような環境であれ、自分にできることに集中する、ということを学んだと思います。

同じような仕事をするのであれば、同じような悩み、課題を持って当然だと思います。要は、自分がどう感じたか、が大切です。

マクドナルドのバイトで直面する困難の代表例3つ

マクドナルドのバイトをしたときによく聞く大変なことは以下のようなことです。行き着く困難は同じでも、エピソードは一人一人異なるはずです。自分なりのエピソードがあれば、話がありふれたものであっても面接官は気にしないと思いますよ。

1 人間関係の構築
上の例のように、マクドナルドは他のバイトに比べても多様な人が働いている環境です。なので、その多様な価値観の人をどのようにモチベートするか、はとても重要です。こんな話はわかりやすいですね。
2 店舗運営という責任の重さ
マクドナルドのスター等の役職になると、店舗の運営についてのアドバイスや改善を求められます。普通にバイトをするのではなく、マネージャーの気持ちになってバイトに取り組むことができるのは貴重な経験です。貴重な経験には重たい責任がつきものです。その責任とどう向き合ったのか、をしっかり考えるといいでしょう。
3 顧客クレーム
接客の仕事に必ずついて回るのが顧客クレームです。注文したものと違った、作り方が雑、店舗が汚いなど。この顧客クレームにどう向き合ってきたか、は非常に大切なポイントだと思います。

バイトやサークル、部活で大変だったことは必ず聞かれます。仕事で大変なことにぶつかった時に、どのように困難に向き合うのか、がとても大切だからです。
工夫で乗り切るのか、根性で乗り切るのか、頭のキレで解決するのか。自分のタイプを教えてあげましょう。

マクドナルドのバイトに求められる素質、身につく力3つ

この仕事に求められる力は以下の3つくらいかと思います。困難なことにリンクします。

1 多様な人と働く力
2 責任に向き合う覚悟
3 顧客本位

なので、ストーリーとしては以下のようにつなげてあげるのが自然でわかりやすいかと思います。

結:私はマクドナルドのアルバイトを通じて、多様な人と働く力をつけ、またその魅力を知りました。
起:初めは特に目的を定めず、近所のマクドナルドで昔から馴染みのあるお店だったので、せっかく大学生になったし、とアルバイトを始めました。なので、明確に目的を持ってこれをやる、という人とは違います。
承:アルバイトをする中で、お店の大きな課題であったのが、外国人留学生たちが周りとコミュニケーションを取れず、すぐに辞めていく、ということでした。お店自体も人がたくさんいるわけでないので、せっかく採用できたその人を逃すのはもったいない。でも中の主婦の方やフリーター、高校生とうまく溶け込めずに辞めていく。そんな状況でした。
転:私は昔から組織のムードメーカーになってきました。とはいえ、今までは同じ日本人、同じ年代の友達の中での話です。しかし、これは自分がやらなければいけない、という責任感を持ち、このコミュニケーションロスをなくすための努力をしました。英語も一生懸命勉強し、外国人留学生と仲良くなれるようになりました。言葉の壁さえなくなってしまえば、相手も普通の若者、自分のペースにひき込めます。また、日本人の主婦の方や高校生は私のことを慕ってくれるので、うまくその間を橋渡しすることができました。
結:外国人留学生は本当に真面目な方々です。お客様のために何ができるかをいつも考えていて、お客様本位の見本のようになりました。日本人がなんとなくで仕事をしているのに対し、彼らは仕事ができる喜びを知っているんですよね。店全体のコミュニケーションが活発化したことで、その外国人留学生のお客様本位が日本のスタッフにも響き、どんどん店のサービスが良くなっていきました。私にできることに集中したところ、影響を広げていくことができました。今はまだ、ムードメーカーというポジションしかありませんが、今後はこの経験から、チームを率いていくリーダーシップを身に付けたいです。多様な人を束ね、価値を作っていく、そんなリーダーになりたいと思います。

私が最も伝えたいことは、「就活のhow toは社会に出て役に立たないので、そんなことに時間を使ってほしくない」ということです。

なので、勝ちパターンはお伝えします。それよりもしっかりと自分と向き合い、誇りを持って自分の進む道を決められるように頑張ってください。

自己分析の必須ツール オファーボックス&キミスカ

最後になりますが、自己分析をするときは以下のサイトに登録すると自己分析に役立ちます。
できれば2つともにやってみて、同じような結果が出るかどうかを確認してください。
社会人でもMIIDASというサイトで自己分析をやってみたり、社会人用のSPIがあったりするんです。僕も実際に転職の時は活用したりしました。

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

同じような結果が出る人は自己把握力がある人です。逆に、全然違う結果が出てしまった人はまだ自分を知る、ということが足りない人です。どちらでもいいのですが、大切なことは「今の自分の立ち位置を知る」ことですね。

自己把握できていれば次に進めばいいですし、できていないのであればまずはそこから始めていきましょう。

オファーボックスは就活生に利用されているサービスで第5位、毎年10万人近い学生さんが利用しています。

ぶっちゃけ、超大手企業や人気のある企業は利用していません。学生さんは放っておいても集まってくれるからです。

 

正直、逆求人は好きではありません。が、オファーボックスの性格診断は有用だと思います。

キミスカもオファーボックスと同じく逆求人系のサイトです。

こちらもかなり多くの学生さんが利用していますね。

この2つの性格診断を組み合わせて自己分析をしてみることをお勧めします。

では、自己分析、自己PR、頑張ってくださいね!





自己分析カテゴリの最新記事