面接受け悪いコンビニバイト。合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:コンビニバイト編

面接受け悪いコンビニバイト。合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:コンビニバイト編

引き続き、タイプ別の自己分析に役立つ参考情報をまとめていってます。なんか、ここまで来るとネタがかぶりそうな感じもしますが、割とまだ大丈夫ですねw
今回はコンビニです。コンビニはなかなかハードル高いですよ。理由は、人との関わりが薄いのと、それゆえに工夫の余地が少ない、と面接官も先入観を持っているからですね。でも頑張って考えてみました。

自己分析・自己PRで最も大切な2つのこと

「自己分析・自己PR」をどう選ぶか、は『◎本気度』『×成果の出たこと』

ここの大切な2つのこと、についてはこのシリーズで毎回掲載しています。
理由は、一番大切なことだから、です。

自己分析や自己PRを選ぶときに大切なのは、「自分が最も本気になれたこと」からメッセージを抽出することです。

学生さんからすると「誇れるもの=結果を出せたこと」が話しやすいのですが、まぁ社会人からすれば20歳そこそこの若者の成果なんてものはそんなに大したものではありませんw

むしろ、これからの長い社会人人生の中でどのように活躍をしていくのか、という未来を知りたいので、未来を見せるには過去の「結果」でなく、「頑張れる人間」ということを知ってもらわないといけません。

だからこそ「仕事に本気で取り組むこと」「本気を出すとどこまでできるか」を面接官に伝える必要があるので、結果が出た、でない、でなく、本気になった時にどれくらい頑張れる人間なのか、を話せるようにしましょう。

ガクチカ=本気を出したこと、と覚えておきましょう

「自己分析・自己PR」を語る際は『ストーリー性』が大切

自分を知ってもらう時に重要なのは、「わかりやすさ」です。人を理解することって、すごい難しいですよね。是非皆さんも自分で面接官をやってみてください。難しさが分かるはずです。

自分をわかりやすく伝えるために最も有効なのは、「ストーリー性」が見えることです。

一つ一つの行動に「なるほど、だからあなたはこのようなことをやってきたんですね」と納得感があることであり、これが上手に話をできると、志望動機なんかいらないわけです。

「あなたが歩んできた道の上にうちの会社がある」と面接官が勝手に理解してくれるからです。ここまでいけると理想です。

ただ、「そんなに一つ一つに意味のある選択なんてしてない」「なんとなく生きてきただけ」という人もたくさんいらっしゃると思います。でも実は、ほとんどの場合は自分の隠れた意識に気がついていないだけで、何かしらか自分の価値観で選択をしているんですよね。それを見つけるのが自己分析です。

是非、自分の判断基準を見つけましょう。そしてストーリーにして話ができるようになりましょう。

「本気だからこそ感じる苦悩」と「苦悩とどう向き合ったか」が大切

コンビニのバイトで前面に戦おうとすると、勝てるポイントはいくつかしかない、かと思います。結構難しい。

1 なぜコンビニのバイトに本気になれたのか
コンビニのバイトって、何が魅力で続けるんでしょうか?正直優秀な学生さんでコンビニのバイトがっつりやってました、って方は少なかった気がします。だからこそ、面接官の納得できるような理由が必要です。
2 本気だからこその苦労や難しいこと
基本的にコンビニのバイトって、自分の時間を時間単価で売っている、という風に見られがちです。面接官もその印象を持っているので、これをどう超えていくか。ただ、ここで新たな視点を面接官に与えることができれば、結構面白い話に持っていけそうな気がします。
3 本気で取り組めたことで何が変わったのか
他の記事でも書いているのですが、大切なことは成長の「幅」です。本気向き合ったからこそ抱いた感情はなんでしょうか?本気になれなかったらどうだったでしょうか?社会人もいろいろな経験がありますから、「本気になったからこそ出る言葉の重み」みたいなものはなんとなく感じ取ることができます。その重みが出るようになれば説得力が出ますよ。

と、いうわけで、コンビニのバイトの苦悩を「それは面白い」と思わせるためには普段から意識をして仕事をしていないといけないと思います。是非就活前の早い段階で、この記事に出会って欲しいです。

今までに聞いた中で「これは面白い」と思えたコンビニのバイトで直面する困難の例3つ

面接をたくさんする中で、コンビニの話で面白かったエピソードは以下の事例ですかね。

1 オーナーと気持ちを同一化するまでコミット
せっかくやるなら「オーナーと同じ気持ちで」となると、細かいことまで気がつくようになります。圧倒的な当事者意識を持つと見える世界が変わる。ただ、その気持ちを持つためにはオーナーのことをよく知らなければいけません。どうやったらオーナーと同じような気持ちになれるのか、が困難ポイントです。
2 深夜で全業務を一人で行う臨機応変さ
深夜シフトの場合は掃除、棚の商品の在庫確認、接客など、基本的にほとんどのことを一人で行わないといけません。なので、いかにその仕事を効率的に捌くのか、何か異常なことが起きた時に対応するにはどうするのか、等臨機応変さも必要になります。このあたりのエピソードができると、面白くなってきますね。
3 圧倒的な接客スキルを身につける
いわば看板娘的に、「あなたがいるからこのコンビニを選ぶ」と思われるくらいになる、ということです。普通コンビニのバイトでそこまでやりきる人がいないからこそ、価値が出てきます

バイトやサークル、部活で大変だったことは必ず聞かれます。仕事で大変なことにぶつかった時に、どのように困難に向き合うのか、がとても大切だからです。
工夫で乗り切るのか、根性で乗り切るのか、頭のキレで解決するのか。自分のタイプを教えてあげましょう。

コンビニのアルバイトに求められる素質、身につく力3つ

コンビニのアルバイトに求められる、身につく力は以下の3つくらいかと思います。

1 何をするにも少ない人数でやる臨機応変さ
2 少ない人数だからこその当事者意識の強さ
3 (やろうとすれば)接客スキル、対人スキルの向上

この辺りをまとめると、こんな話になるかなと思います。

結:私はコンビニのアルバイトを通じて当事者意識の大切さを学びました。どの企業に入って、どんな仕事についても、圧倒的な当事者意識を持って仕事に臨みたいと思います。
起:私は学生時代、コンビニのアルバイトが中心の生活をしていました。1店舗しか運営していないフランチャイズオーナーの店舗で、よくオーナーと話をする機会にも恵まれました。元々接客が好きでだった私をオーナーは気に入ってくれたようで、このコンビニを始めた時の思い、それまでにどんな経験をしてきたのか、このコンビニをどうしていきたいのかなど、いろいろな話をしてくださいました。そして、オーナーだからこその悩みは「アルバイトと自分のモチベーションの差」でした。アルバイトはとりあえず時給をもらえればいい、という感覚できてしまう。オーナーとはやっぱり違いますよね。私はオーナーのことが好きだったので、できる限りこの人と同じ気持ちで働こう、と決めました。
承:そうすると、不思議とひとつひとつの事象が今までと違った見え方をするようになりました。タバコを買いに来たお客さんが「ライターどこにあります?」と聞いてくるのですが、逆に言うと「聞かないとわからない、ということは売上を逃している可能性もあるのでは?」と思いライターの置き場所を変えたところ、ライターの売上が2倍近くになりました。搬入をしてくる業者さんが、ケースを床に滑らせていると、「床が傷つくから持ってください」と言えるようにもなりました。こんな小さな改善を積み上げていくと、驚くほど自分のアルバイトに向き合う姿勢が変わりました。
転:一方で、やはりオーナーとして一番気になるのは「売上」と「安定的なオペレーション」ですよね。シフトが埋まらなければフランチャイジーから怒られますし。まず、バイトのシフトは僕が組むようにし、今まで埋まらないときはオーナーが一人で対応していたのを、僕と僕の親しい友人の2人も加えて、3人で対応するようにしました。これだけでもオペレーションにはかなり助かったと思います。そして売上をあげるにやはり接客です。コンビニの店員てすごいぶっきらぼうですし、相手も別に愛想を求めていないじゃないですか。だからこそ、少し工夫をするだけで差別化ができるんです。近くの会社のおじさんが週に2〜3回、朝来てくれていて、「いつも来てくださってありがとうございます。今日少し顔がお疲れですね。頑張って下さい」と声をかけるだけで、週3〜4が、週5に変わってくれるんです。この積み重ねが大事です。本当にやってる意味あるのかな?と思うのですが、これが3か月くらい続けると毎日の売上が10%くらいずつ上がっていて。変にクーポンとか集客の施策に頼らなくとも安定してお客さんが来てくれるようになります。
結:結局、いろんなことに気づくためには、圧倒的に当事者意識を持たない限りは見えない世界がある、と学びました。この学びはどんな仕事にも生かせると思いますし、自分の大切な財産だと、誇りを持って言えます。

私が最も伝えたいことは、「就活のhow toは社会に出て役に立たないので、そんなことに時間を使ってほしくない」ということです。

なので、勝ちパターンはお伝えします。それよりもしっかりと自分と向き合い、誇りを持って自分の進む道を決められるように頑張ってください。

自己分析の必須ツール オファーボックス&キミスカ

最後になりますが、自己分析をするときは以下のサイトに登録すると自己分析に役立ちます。
できれば2つともにやってみて、同じような結果が出るかどうかを確認してください。
社会人でもMIIDASというサイトで自己分析をやってみたり、社会人用のSPIがあったりするんです。僕も実際に転職の時は活用したりしました。

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

同じような結果が出る人は自己把握力がある人です。逆に、全然違う結果が出てしまった人はまだ自分を知る、ということが足りない人です。どちらでもいいのですが、大切なことは「今の自分の立ち位置を知る」ことですね。

自己把握できていれば次に進めばいいですし、できていないのであればまずはそこから始めていきましょう。

オファーボックスは就活生に利用されているサービスで第5位、毎年10万人近い学生さんが利用しています。

ぶっちゃけ、超大手企業や人気のある企業は利用していません。学生さんは放っておいても集まってくれるからです。

正直、逆求人は好きではありません。が、オファーボックスの性格診断は有用だと思います。

キミスカもオファーボックスと同じく逆求人系のサイトです。

こちらもかなり多くの学生さんが利用していますね。

この2つの性格診断を組み合わせて自己分析をしてみることをお勧めします。

では、自己分析、自己PR、頑張ってくださいね!





ちなみに、大学3、4年生向けの就活の勝ちパターンは以下のページで紹介しています。
https://syukatsunohonne.com/472
大学1、2年生でこの記事を読んでくれた人は是非こちらもご覧ください。
https://syukatsunohonne.com/427
また、金融を受ける人には必ず読んでほしい渾身作を作りました。このサイトで一番読まれている記事ですので、こちらも是非ご覧ください。
https://syukatsunohonne.com/784

自己分析カテゴリの最新記事