付属は就活不利?超大手企業採用面接官に付属生の採用についてぶっちゃけ聞いてみた

付属は就活不利?超大手企業採用面接官に付属生の採用についてぶっちゃけ聞いてみた

就活が始まる時に必ず「付属生は就活不利だよ」という話を聞く。どこまで本当なのか。実際、様々な企業の担当者と話すとき「付属は気をつけよう」という意見で一致している。付属生の採用のぶっちゃけトークを聞いてみた。

 

実録:人事担当者間の付属生に対する評価

人事担当者間で採用ノウハウの話題になると必ず出てくるのが「付属生の選考ってどうしてます?」という内容で、各社ともに頭を悩ませているよう。

なぜ付属生の採用は悩ましいのか、以下に赤裸々な人事担当者の会話を記載します。

 

付属は怖い!?

日系金融A  :ぶっちゃけ、付属生の採用ってどう思います?

外資メーカーB:付属生は当たり外れが激しい。特に中学から付属となると本当に優秀な子もいれば、全くのお坊っちゃまもいて。

総合商社C  :部活の成績とかがあるならまだいいのだけど、何も秀でたものがないと厳しい。友達多いから大学生の成績は何とかなるんだけど、要領の良さだけでは世の中では通用しない。

日系メーカーD:付属+サークルの中途半端な役職が一番タチ悪いですよね

日系金融A  :同感です。特に慶應の中等部上がりとか、優秀な人は本当に優秀ですよね。志木高あたりも。SFCは評価が分かれる印象。 早大学院もそれなりに安定して成果を出す。

外資メーカーB:大手は慶應、早大学院は強いですよね。外資とかベンチャーだとむしろ早実の方が活躍している印象。ZOZOの前澤さんの印象も強いけどw 割と付属にもカラーがありますよね。

日系金融A  :なるほど、確かに日系金融は早実は塾高や早大学院に比べる全然少ないですね。印象薄いです

総合商社C  :付属でも何かに日本一になっていたりすると。慶應で甲子園出ているとか、早大学院でアメフト日本一とか、これくらいのレベルだと分かり易い。あとはこのあたりは裕福な家庭のお子さんも多いので、留学して国際感覚持ってるとか。よく言われることになってしまうけど、受験勉強する必要ないなら、受験組に比べて使える時間があったわけで、そこで何やっていたのか、という話。「何にもしていませんでした」でもいいのだけど、「それに危機感持って大学で●●した」とか、そこからの反省と変化は欲しい。

付属のいいところも?

日系メーカーD:とはいえ、今の売り手市場の状況ではこちら側もそんなに選べる状況でないこともある。結局付属でなくとも推薦入試で大学入学する学生が多くなってきていて、付属でも推薦でも変わらない状況となってきている。推薦はいわゆる内申点のいい優等生なんだろうけど、ビジネスには遊び心も必要。むしろ付属生の方がこのあたりの人としての幅を持っていることが多いので、当社は推薦よりは付属を重宝している。

日系金融A:   SPIとかで地頭は確認しますよね?

日系メーカーD:付属生はSPI案外強いんですよ。SPIって中学で習うような内容ばっかりなので、高校受験していればなんとかなるんですよね。そういう意味ではあまりSPIで見ても仕方ない

外資メーカーB:そうそう、テストや大学の成績ではわからない。逆に、地頭である程度いいとこの付属に入れるのであればむしろ良くてそれよりは温い空気感に浸って枠を破る気概のないことの方が問題。そこがクリアできれば別に付属でも問題ない。

日系金融A  :なるほど。ぶっちゃけうちの会社だと、総合職で付属は早慶クラス、MARCHレベルだと営業職とか一般職になるんですが、みなさんのところはいかがですか?MARCHの付属は正直怖いというか、総合職では手を出しづらい

総合商社C  :MARCHの付属は確かに採用少ないですね。あまり聞かない。そもそもあまりMARCHから採用していないし。。。

日系メーカーD:うちはそれなりにいますが、レベル感が著しく落ちるとかはないですけどね。ただ、理系はMARCHの学生少ないので、研究職の採用は少なめです。結局MARCHであればどちらにしても結構選考は慎重さが求められるので、付属でも一般でも変わらない感じはします。

日系金融A  :なるほど。結構会社によってまちまちですね。ここまで話をしといて何ですが、私付属上がりなんですよねw でも何とか頑張って、それなりに評価もしてもらってます。結局は属性でなく「自分自身」をどう打ち出すか、次第なんですかね。

総合商社C  :面接官側も、『自社の活躍人材』の定義をしっかりと固め、その定義に対して候補者がどうなのか、をより明確にする必要がありますよね。アメリカみたいに「学校の成績重視です」という楽な決め方ができるといいのですが。日本は圧倒的なポテンシャル採用なので、面接官の技量が大きく影響する。

外資メーカーB :今の学生に思うのは、本当にアクティブな層は色々な経験をしていて、本当に優秀だなと思う。でも、何もやらない人は本当に何もやってない。2極化が激しいですよね。学生にはどちらになることもでき、自分の選択で「動く人」「動かない人」を選んでいる、という自覚を持って欲しい。やることやっていれば、それなりにちゃんとした言葉で会話できるし、自分の言葉で話しているかどうかくらいは見抜けるかと思います。逆に言うとそれくらいでしかない。

日系金融A  :逆に、MARCHより下の付属ではどうですか?

総合商社C  :そもそも総合職では採用ないですよね。一般職ですら早慶MARCH中心なので、それ以下はしんどい。

日系メーカーD:たまに専修大とか東海大、帝京大あたりの体育会をとります。箱根ランナーとか。ここまでくると尋常でない成績+人物面で最終評価ですね。全くなし、ではないですよ。

日系金融A  :日系で採用数それなりに多い大手はそうですよね。うちの会社はメーカーDさんほどではないですが、成城や成蹊で体育会頑張っていた子なんかはよく採用してます。この辺りはある程度勉強もできるし。金融は入社後に取らないといけない資格が多かったりするので、ある程度の学力は求めちゃいますね。

外資メーカーB:なるほど。そのレベルになるとそもそもエントリーがないのであったことがないですね。

日系金融A  :・・・まぁそうなりますよね。チャレンジしてみてほしいw

大切なことは腐らないこと

総合商社C  :日大の付属から早慶入ったりする子もいるじゃないですか。「動く人」は高校あたりから自覚をして動くんですよね。22歳時点の実力、ポテンシャルを図るにはそれくらいに動いていないと間に合わない。逆に、社会人なってからでも海外にMBA取りに行ったり、新卒で就職した会社で圧倒的成果を上げるなりすれば、中途で採用になる可能性もある。中途の方が学歴でなくより実力主義ですからね。

というか、新卒だって結局22年間の実力が学歴となって出てきているだけなんですよね。なので、新卒で有名な会社に入れなかったからといって、腐らずに頑張れば、将来チャンスはいくらでもあると思います。

日系金融A  :Cさん、素晴らしいまとめありがとうございます。

おっしゃる通り、ぶっちゃけ面接官というか、企業の人間からすれば、新卒はあくまで社会人生活の入り口でしかないので、そこで一喜一憂する必要はないと。学生は本当に自分のやりたいことが見えない中で就職先を探そうとするから、とりあえず名前のあるところに、となってしまうんですよね。

でも、世の中に出ればいくらでも素晴らしい会社はたくさんあって、それを知る機会もある。なので、腐らないことの方がよっぽど大切ですね。付属も一緒の話で。

 

ということで、付属は正直採用とってはあまりプラスには働かない。

それは早慶レベルの付属校であっても、人気企業からすれば旧帝大クラスや一般受験の学生がたくさん来るわけなので、例外ではない。

ただ、今の自分のステータスを見極め、社会に出てから腐らずに自分を磨くことの方がよっぽど重要である。

 

付属のみんな、がんばれ!

コラムカテゴリの最新記事