【企業分析&攻略法&将来のキャリア】PwCコンサルティング

【企業分析&攻略法&将来のキャリア】PwCコンサルティング

ボストンキャリアフォーラムで受けるべき企業として紹介したBIG4系のコンサルティング企業について、どのような会社でどのようなキャリアを描くのか、次はPwCです。デロイトに比べると特色ある会社で、合う合わないありますので自分でしっかり見極めてください。

 

PwCコンサルティング(PwC)の特徴

会計BIG4のうち、PwCは日本での知名度はそこまでではないですよね。プライスウォーターハウスクーパースという非常に長ったらしい名前です。日本での展開はそこまでではないですが、世界的に見るとデロイトトーマツに次ぐ2番手の規模感の会社になります。

日本では規模では4番手ですが、エッジの立った人材が活躍している場所です。

 

PwCの「ヒト」「モノ」「カネ」

「ヒト」

PwCの人たちの特徴は「エッジの立った個性派集団」です。

社員は非常に面白く、少し他の人と違った角度から物事の見れる人が多くいらっしゃいます。

 

VISITS OBというサービスに、非常に多くの社員さんの生き様が掲載されていますので、これを見ると、いかに面白い経歴、考え方の人がいる会社なのかが理解できるかと思います。

 

(VISITS OBは以下の画像をクリック!)

デロイトトーマツやEYが正統派のコンサルなのに対し、個性的な人たちがぐっと顧客企業に入り込み、より顧客と一緒になって企業の改善に取り組んでいく、そんなイメージでしょうか。

 

個性的でありながらチームワークもいいのがPwCの強いところです。

規模は小さいですが、少数精鋭だからこそ、いい人材を抱えていい仕事をする、そんなイメージですね。

 

給料水準はデロイトトーマツと大体同じくらいの水準でしょうか。

呼び方は間違っているかもしれませんが、給料水準は相応に高いです。残業込みで以下のような水準かと。

 

20〜20後半 コンサルタント 450〜700万程度

20後半〜30中盤 シニアコンサルタント 900〜1,200万程度

30中盤〜  パートナー 1,200〜1,500万程度

30後半〜  シニアパートナー 1,500〜3,000万程度

 

30前後を見ると平均して1,000万を少し超えるくらいでしょうか。

他社に比べると昇格とかは実力主義が強めのような気がします。

 

デロイト同様、マッキンゼー、ボスコンほど労働スタイルではないが、こちらもプロジェクトによってはほぼ毎日終電、土日勤務も覚悟してください。

 

また個性的であるがゆえに、上司との相性が良ければ非常にいいのですが、相性が悪いときつくなります。上司と相性の悪い長時間労働はかなりきついので、この辺りも覚悟しましょう。

 

「モノ」

コンサル全般ですが、もちろん「モノ」はありませんね。

PwCは会計系コンサルティングファームの中でもヒトへの投資は積極的な方だと思います。これは面倒を見てくれる、というわけではなく、「成長の機会をあたえてくれる」という意味です。

それを吸収できるかどうかは自分次第です。外資系コンサルですから、ここはしっかりと把握してきましょう。

 

PwCは製造業のサプライチェーンの見直しや金融系の専門性の高いコンサルに強みを持ちます。この辺りの仕事にがっつり入り込む意欲のある人はいいと思います。特に金融系が最近は伸びてますね。国際的な金融規制が進む中で、日本の金融機関はいかに生き残っていくか、その規制に対応していくか、が求められています。

 

PwCの業界内でのポジショニング

 

 

正直に言うと、会計系4社のポジショニングはあまり差別化できるものはありません。だいたい同じようなメニュー、同じような顧客規模を持っています。

 

次に、BIG4の間での比較をします。

PwCが明らかに強みを持つのは「グローバルネットワーク」です。

世界中から最新の経営コンサルティングにかかるノウハウを吸収することができ、先輩社員はそれを活用して顧客への提案を行っています。

レベルの高い社員に囲まれているので、その仕事ぶりを見るだけでも勉強になるでしょう。

 

「実力主義」的な雰囲気は一番ある会社だと思います。

 

コンサル業界でのvorkersの総合評価を比べてみましょう。

PwCは3点代の中盤〜後半くらい。決して高い「みんなにとっていい会社」ではありません。

 

先ほども申し上げた通り、個性派集団です。上手く馴染む人と馴染めない人がいます。馴染めない人がいる分、点数は平均ですから低くなっていきます。

 

ただ、逆に馴染めた人からするとより高い点数がになるのでしょう。

ここは正直わかりませんね。

 

ただ、中途半端ではない会社であることは素晴らしいことだと思います。

 

平均残業時間は80時間、、、

まぁ120〜150時間程度、MAX250時間程度と見ておいたほうがいいと思います。

 

残業によるワークスタイルは以下のイメージです。

(残業月120時間の人)

120時間 / 平日22日 = 1日6時間程度

9:00〜17:00をワークタイムとすれば、9:00〜23:00の勤務で120時間ですね。

まぁコンサルとしては普通というか、これでも少ないくらいでしょう。

 

(残業月250時間の人)

250を平日と休日に分解します。

平日 180時間 =1日9時間程度

9:00〜2:00の勤務

まぁ3:00に家着いて5時間寝て9:00に出社なら、そんなに無理もないですね。

休日6日×12時間=72時間 9:00〜21:00

休みの日は少し少なめに見積もります。

これでも月に3〜4日くらい休日取れるので、まぁ大丈夫でしょう。

250時間が覚悟できない人は外資系コンサルはやめておいたほうがいいですね。

 

 

PwCからのキャリア戦略

やはり、ある程度の経験年数で転職する人が多いです。

パートナーまで行ってしまうと年齢が相応に上がっていることと、給料も相応に上がってしまっていることから、退職する人はぐっと減ります。

 

コンサルティング会社は

パートナーが仕事を取ってきて、シニアコンサルタントが案件を仕上げる

というのが基本構造です。

 

よって、パートナーになる人には、コンサルティング力とともに「営業力」が求められます。営業をやりたくない〜という人はある程度のところで見切りをつけて外に出て行かないといけないです。

 

PwCからの転職理由は主に以下のようなものかと思います。

・コンサルはあくまで人の手伝い、事業会社で自分でやりたい。

・コンサルとしてステップアップのため経営戦略系に行きたい。

・キャリアの幅を広めるためにM&Aアドバイザリー等をやりたい

・どうせこれだけ働くのであればもう少し給料のいいところに行きたい

デロイトトーマツと大きく異なるところは、ベンチャー企業への転職をあまり聞かないところですね。デロイトはベンチャー支援を強みにしていますので、その辺りで差が出ているのかもしれません。

 

というところで、PwCから次のステップは以下のような転職先が考えられます。

・大企業の事業企画、生産管理、経営企画系職種

・ベイン、マック、BCGへの転職を見据え海外MBA取得

・外資系投資銀行(ゴールドマン、ドイチェ、モルガンスタンレー等)

・監査法人系のM&Aアドバイザリー会社

 

 

PwCの選考攻略法

基本的には選考方法は変わりません。

・書類選考+webテスト

・人物面接

・ケース面接

の3つのタイプで選考を行います。

PwCは特に「人物面接」が重視されます。

 

それぞれのポイントを解説していきます。

 

・書類選考+webテスト

ここは意外にも学歴はそこまで重要ではありません。

言葉が悪くてすいませんが、日東駒専クラスの学生も内定を取ることは可能です。

WebテストはベーシックにSPI等でやるケースが多いです。

ここの点数も、正直どこまで見ているかわかりません。

SPIの点数の低い学生も採用してたので、、、面接で論理的に話ができていればOKなんでしょうかね。

 

・人物面接

ここが一番肝となるところです。

これは、会社にとってもあなたにとっても重要です。

再三申し上げている通り、個性的な集団なので、合う合わないがあります。

カルチャーフィットを最も大切にする会社の一つです。

 

ただ優秀なだけの人はいらない、一緒にいてワクワクするような人が欲しい、そんな感じのイメージです。

 

VISITS OBの先輩のプロフィールをたくさん見てみて、自分もこの人たちと働きたい!と思えるかが大切でしょう。

 

 

・ケース面接

ケース面接はそこそこ出来ればいいと思います。

デロイトよりは重視はしていないかと。ただ、面接官のツッコミはかなり突っ込んできますので、タジタジにならないように気をつけてください。

 

お題設定は誰でも回答ができるくらいのものになります。

 

過去の事例ではフェルミ推定のようなものもあったようですが、まぁフェルミ推定なんかはそれっぽく答えて終わりましょうw

 

フェルミ推定はMECE(もれなくだぶりなく)だけ気をつければ大丈夫です。

 

 

以上、PwCコンサルティングの概要、キャリア、面接対策でした。

入社してフィットすれば非常に面白いですし、自分の力も付きますので是非頑張ってくださいね。

 

頑張れ!

 

 

業界企業研究カテゴリの最新記事