新聞営業は銀行、証券、広告で最強。合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:新聞営業バイト編

新聞営業は銀行、証券、広告で最強。合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:新聞営業バイト編

バイトとしては人気がないけど、金融や広告の人事から人気が絶大、それが新聞の新規獲得営業のアルバイトです。ここで実績を出せば即戦力としての評価を得ることができる、特殊なアルバイトなので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

自己分析・自己PRで最も大切な2つのこと

「自己分析・自己PR」をどう選ぶか、は『◎本気度』『×成果の出たこと』

どんな仕事も、やっぱりここからですね。営業も、販売も、クリエイティブも。出発点は一緒です。最も大切なこと2つ。

自己分析や自己PRを選ぶときに大切なのは、「自分が最も本気になれたこと」からメッセージを抽出することです。

学生さんからすると「誇れるもの=結果を出せたこと」が話しやすいのですが、まぁ社会人からすれば20歳そこそこの若者の成果なんてものはそんなに大したものではありませんw

むしろ、これからの長い社会人人生の中でどのように活躍をしていくのか、という未来を知りたいので、未来を見せるには過去の「結果」でなく、「頑張れる人間」ということを知ってもらわないといけません。

だからこそ「仕事に本気で取り組むこと」「本気を出すとどこまでできるか」を面接官に伝える必要があるので、結果が出た、でない、でなく、本気になった時にどれくらい頑張れる人間なのか、を話せるようにしましょう。

ガクチカ=本気を出したこと、と覚えておきましょう

「自己分析・自己PR」を語る際は『ストーリー性』が大切

自分を知ってもらう時に重要なのは、「わかりやすさ」です。人を理解することって、すごい難しいですよね。是非皆さんも自分で面接官をやってみてください。難しさが分かるはずです。

自分をわかりやすく伝えるために最も有効なのは、「ストーリー性」が見えることです。

一つ一つの行動に「なるほど、だからあなたはこのようなことをやってきたんですね」と納得感があることであり、これが上手に話をできると、志望動機なんかいらないわけです。

「あなたが歩んできた道の上にうちの会社がある」と面接官が勝手に理解してくれるからです。ここまでいけると理想です。

ただ、「そんなに一つ一つに意味のある選択なんてしてない」「なんとなく生きてきただけ」という人もたくさんいらっしゃると思います。でも実は、ほとんどの場合は自分の隠れた意識に気がついていないだけで、何かしらか自分の価値観で選択をしているんですよね。それを見つけるのが自己分析です。

是非、自分の判断基準を見つけましょう。そしてストーリーにして話ができるようになりましょう。

「本気だからこそ感じる苦悩」と「苦悩とどう向き合ったか」が大切

新聞の新規獲得の営業なんて、一昔前の仕事のように感じますよね。うまくいかないのが当たり前なので精神的にもきついです。しかし、ここで身につけるスキルは非常にわかりやすく素晴らしいものとなります。本気で向き合うことで、得られるものは大きいでしょう。

1 なぜ新聞営業のバイトに本気になれたのか
普通の人はやりたがらないですよね。そこをあえてなぜ頑張ろうと思ったのか。何がこのアルバイトをする上でのモチベーションになったのか、などしっかり伝えられるようにしましょう。
2 本気だからこその苦労や難しいこと
新聞の新規営業は小手先のテクニックで成果の出るような簡単なバイトではありません。本気で成果を出すために、どんな壁にぶつかって、それをどう乗り越えたのか。
3 本気で取り組めたことで何が変わったのか
他の記事でも書いているのですが、大切なことは成長の「幅」です。本気向き合ったからこそ抱いた感情はなんでしょうか?本気になれなかったらどうだったでしょうか?社会人もいろいろな経験がありますから、「本気になったからこそ出る言葉の重み」みたいなものはなんとなく感じ取ることができます。その重みが出るようになれば説得力が出ますよ。

基礎的なこの辺りの情報は必要ですし、新聞営業のエピソードとの相性はいいはずです。

新聞営業のガクチカで内定に近づく自己分析、自己PR例3つ

新聞営業のアルバイトで、やっぱりすごいなと思えた事例をいくつか思い出してみました。営業はやはりクリエイティビティですね。

1 自分の何が売れるかを知っている
新聞営業は、「差別化できない商品」を売る典型的なアルバイトです。そのため、成績を上げるために最も最短距離は「商品でなく自分を売ること」ですね。「あなただから買うわ」と言わせることです。
2 営業はクリエイティビティだと言い切れる
営業は基本的に手数×成功率なのですが、多くの人が成功のきっかけをつかむ前に手数を諦めてしまいます。ある程度のレベルの営業は手数を誇るのですが、そこを突き抜けると成功率を以下に挙げるか、という世界にたどり着きます。ここまでくると、特に営業経験のある面接官にはかなり受けると思います。
3 泥臭さを嫌がらない
上に記載した通り、営業は手数が大切です。特に新聞の営業の場合は基本ほぼ断られます。打率1割以下です。それでも諦めない根性が必要になります。これだけでも十分魅力的になることができます。

バイトやサークル、部活で大変だったことは必ず聞かれます。仕事で大変なことにぶつかった時に、どのように困難に向き合うのか、がとても大切だからです。
工夫で乗り切るのか、根性で乗り切るのか、頭のキレで解決するのか。自己PRの機会をもらったのですから、自分のタイプを教えてあげましょう。

新聞営業のアルバイトで戦う3つのポイント

がっつりやっていればかなり強いアルバイトなので、しっかり外さずにいきましょう。

1 断られてもへこたれない打たれ強さ
2 自分の売り込み方を知っている自己認識力
3 相手のニーズに合わせてソリューションを生み出すクリエイティビティ

3つのポイントを含めて自己PRを作り込むと以下のようなイメージです。

結:私は新聞の新規獲得の営業を通じて、営業が好きになりました。元々の打たれ強さに加えて、自分にしかできない価値を相手に与えられた時、自分の人間性を評価してもらえた時にとても喜びを感じます。私は営業の強い会社で営業をさらに突き詰めていきたいです。
起:元々小さい頃から、知らない人とすぐに打ち解けることが得意でした。自分のキャラをわかりやすく設定しておくと、自然と向こうがホッとしてくれるようで、自然とできるようになっていました。大学に入るときには「自分の強みを伸ばせる仕事を将来したい」と思っていたのですが、やはりやるからにはしっかりと本気になれること、本気になった分報酬がもらえるもの、というものを探していました。そんなときに出会ったのが新聞の営業の仕事です。
承:ある程度成果が出せるだろうと考えて始めたのですが、正直全く何もできず。まず、会ってもらうことすらできないんですね。一度お会いできれば自分を知ってもらうこともできるのですが。そこで、私が担当するエリアにバイトの時もそうでない時も顔を出すようにし、誰がどの家に入っていくかを観察することで、住民を把握することにしました。次に、近所のスーパーに行き、そこで話しかけるきっかけを探していきます。家だと「何かを売りに来た」と思われて話すのが難しいですが、スーパーだとそんな心配もなく話しをすることができるんですね。最初は些細なこと、自転車の鍵かけ忘れてますよ、とか簡単なきっかけを探します。次には「あ、先日はどうも、今日は野菜が安いですね」とか、その程度でいいんです。それを3〜4回重ねていくと、向こうも私を認知してくれるようになります。
転:初めて1年くらいするとそこそこに成果が出せるようになり、リレーションの作り方、という意味では自分の成長を実感できました。「自分自身の売り込み方」ということですね。しかし、それではまだNo1になることができなくて。実際に営業成績1番の人に話を聞きに行ったんです。するとその人にハッとさせられました。「相手は、何にお金を払っているんでしょうか?」と。確かに、相手は僕のことを信頼してくれてどうせ買うならあなたから買う、と言ってくれるようになりました。しかし、それ以上のものを僕は提供できていない、つまり、付加価値を与えられていない、ということに気づいたのです。相手にとって、僕が与えられる付加価値はなんだろう、というのを考えるようになり、リレーションがある程度取れてから「今、人生をよりよくするために不足しているものは何ですか?」とか、「何か叶えたいこととかありますか?」とか、およそ新聞営業とは関係のない話をするようになりました。こうして、相手が今何を求めているのか、そのために自分は何ができるか、を考えて行動できるようになりました。これによって、1年半かかりましたが、エリアの営業で1番になることができました。
結:自分を売り込むことはもちろん大切です。でもこれはワンパターンになりがちで面白くなくて。一方で相手の望むものに対して何ができるか、というのは無限にできることを考えられます。これが営業の醍醐味であり、面白さだと思います。だからこそ、モノに縛られない、工夫の余地の大きな営業ができる会社に行きたいと思っています。

私が最も伝えたいことは、「就活のhow toは社会に出て役に立たないので、そんなことに時間を使ってほしくない」ということです。

自己分析、自己PRは、内容は自分らしさを出さないといけませんが、ある程度は「型」で勝てます。なので、勝ちパターンはお伝えします。それよりもしっかりと自分と向き合い、誇りを持って自分の進む道を決められるように頑張ってください。

自己分析の必須ツール オファーボックス&キミスカ

最後になりますが、自己分析をするときは以下のサイトに登録すると自己分析に役立ちます。
できれば2つともにやってみて、同じような結果が出るかどうかを確認してください。
社会人でもMIIDASというサイトで自己分析をやってみたり、社会人用のSPIがあったりするんです。僕も実際に転職の時は活用したりしました。

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

同じような結果が出る人は自己把握力がある人です。逆に、全然違う結果が出てしまった人はまだ自分を知る、ということが足りない人です。どちらでもいいのですが、大切なことは「今の自分の立ち位置を知る」ことですね。

自己把握できていれば次に進めばいいですし、できていないのであればまずはそこから始めていきましょう。

オファーボックスは就活生に利用されているサービスで第5位、毎年10万人近い学生さんが利用しています。

ぶっちゃけ、超大手企業や人気のある企業は利用していません。学生さんは放っておいても集まってくれるからです。

正直、逆求人は好きではありません。が、オファーボックスの性格診断は有用だと思います。

キミスカもオファーボックスと同じく逆求人系のサイトです。

こちらもかなり多くの学生さんが利用していますね。

この2つの性格診断を組み合わせて自己分析をしてみることをお勧めします。

自己分析、自己PRをブラッシュアップするにはうまいことOBOG訪問を活用してください。
OBOG訪問は緊張しますが、社会人に実際会って、社会人から見るとどう見えるかを聞きながら修正していきましょう。

あまり選考直前でやってしまうと、整理ができないままに選考始まってしまうので、余裕を持っていけるといいですね。

OBOG訪問はBizrearch capmpus使うととても便利です。大学の先輩をすぐに探せるので、一度見てみるといいです。

ビズリーチ・キャンパスは「同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト」です。
将来のことを考え始めるタイミングで、母校の気になる先輩に話を聞いてみませんか。

では、自己分析、自己PR、頑張ってくださいね!

過去の自己分析記事はこちらです。

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編 吉野家、松屋、すき家Ver〜ガクチカとしてはどうしても弱いが、、、〜

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編 ディズニーVer〜特殊すぎるので企業分析との整合が鍵となる〜

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編 タリーズ、ヴェローチェ、サンマルクVer〜特徴のなさのカバー方法〜

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編 ドトールVer〜グループ面接でスタバに勝つ!〜

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編 スタバVer〜就活有利はただの幻想〜

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編 コンビニVer〜面接官の先入観をいかに超えるか〜

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編 家庭教師Ver〜カテキョだけで戦わない工夫を〜

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編 集団塾講師Ver〜就活には不向きでコツがいる〜

合格ESの基礎。学チカ別自己分析・自己PR:バイト編個別塾講師Ver 〜アピールしやすい分差別化難しい〜

https://syukatsunohonne.com/1232





ちなみに、大学3、4年生向けの就活の勝ちパターンは以下のページで紹介しています。
https://syukatsunohonne.com/472
大学1、2年生でこの記事を読んでくれた人は是非こちらもご覧ください。
https://syukatsunohonne.com/427
また、金融を受ける人には必ず読んでほしい渾身作を作りました。このサイトで一番読まれている記事ですので、こちらも是非ご覧ください。
https://syukatsunohonne.com/784

自己分析カテゴリの最新記事